fc2ブログ

CLIMB_AGAIN~こんな自分が適応障害に~

病気なのか?甘えなのか?

1月下旬。憔悴した表情しながらも仕事に関するフォローは次々メールや電話また直接されてきます。

新年会と称した懇親会もあり、一応参加しました。ホントはお酒飲める状態じゃなかったのに・・・。

懇親会で、ちょっと本音(弱音)めいたことを話しましたが「CLIMBさん、それは正直すぎますよ。厳しいのはわかりますが、そこは自分がやります!できます!ってはっきり言わないと」
関連部署のAさんに言われました。
Aさんには悪気はなかったのだと思います。
精神論としては正しい。
自分は甘えているじゃないかって言われているような気がしました。
ちなみにAさんは30代です。今仕事で乗ってる時期なんでしょうね。

懇親会も自分にとってはあまり盛り上がらない感じで、一次会で逃げるように帰ってきました。

そして日中会社に行っては、仕事中に目まい、震え、過呼吸で苦しみ、家に帰ってからも次の日のことを考えるとまた目まい、震え、過呼吸で苦しみ、一日の大半が苦しい状態になりました。

・・・2月に入った初日。つまり2/1にまたもや体調不良で休み。
次の日2/2も起きれずに会社に行くことができませんでした。
そしてその時に、休み連絡で、同僚に今の自分の身体の状態について話す決心をしました。
スポンサーサイト



コメント

CLIMBさんへ

こんにちは。

心にストレスが溜まっている時って
責められる言い方が含まれていると
それを受け入れたくないと
強く思うような気がします。

受け入れられないので
心を閉ざしたくなりますもんね。

ですがこれは甘えではありません。
ストレスを感じている時にだけ
そうなるように思います。

ですがこのストレス‥
言われる相手によっては
変わる気がします。

同じことを
信頼できる思いやりのある人から
言われても大丈夫な気がします。

仕事でしか関わりがなければ
人と人との繋がりがなければ
相手の心を想像で深く読み取り過ぎて
自分自身ネガティブに向かうのかな?

心配に心を持っていかれると
集中力も低下してしまいます。

この集中力って
悪く想像する方に集中するあまり
覚えるという本来必要な部分が
疎かになるのではないかな?と
夫を見ていて思うのです。

以前夫が
自分の適応障害をこう言っていました。

適応障害は
冷たい川の中だそうです
誰にも見えないけれど
本人の体はとても冷えていて
自由に前に進めないのだそうです。

そう思うと
頭の中で「何故?」が消え
少し休もうと思えるようです。

以前ドラマでもありましたが
『逃げるは恥だが役に立つ』
夫はこの言葉がすきなんだそうです。

  • 2018/02/15(木) 12:27:26 |
  • URL |
  • iomama #rjxAb6ec
  • [ 編集 ]

病気ですよ

こんにちわ。

CLIMB_AGAINさん、甘えなんかじゃないですよ。
れっきとした脳の病気です。
かなり症状が進行していますね。
既に休職をされているらしいですが今回も
休職をお勧めします。

ポチ☆

  • 2018/02/15(木) 15:34:40 |
  • URL |
  • kaion #-
  • [ 編集 ]

iomamaさんへ

iomamaさん、こんにちわ!
そうですね。アドバイスに言われる相手によって、受け取り方が変わることもあります。

それは親しい人とそうでない人と。
けっこう他人事みたにアドバイスする人もいますが、それはその話し方でわかってしまうことがありますね。

ただいいアドバイスをもらってもストレスで憔悴しきっている状態では、なんでもネガティブに考えてしまいます。
今はだいぶ心も落ち着いてきましたが、2月初めのひどかった時は、もう誰とも話したくなkて、携帯の電源を切ったほどでした。
アドバイスするタイミングもあるのかな、と思います。

>適応障害は冷たい水の中にいるよう。

そう!まさに自分もそう思います。
やっぱり「休職」してよかったのかな、と今は少しずつ思うようになりました。

「逃げ恥」。自分はドラマは観ませんでしたが、人気でしたよね。
「逃げる」って、ネガティブのように聞こえますが、人生の選択肢では「逃げる」という選択肢があってもいいと思ってます。
「逃げる」も一つの選択肢で、それが正解かどうかは誰にもわかりません。
逃げる選択をした後、自分がどう動くか、ですね。

コメントありがとうございます。

  • 2018/02/15(木) 17:31:05 |
  • URL |
  • CLIMB #-
  • [ 編集 ]

kaionさんへ

kaionさん、こんにちわ!
コメントありがとうございます。
そう言っていただけると心強いです。
身体的に動悸、過呼吸、震えがあったので、やはり病気なのでしょうね。
既に心療内科でも診察してもらって、適応障害と診断されました。
今は、休職して静養しています。

  • 2018/02/15(木) 17:32:12 |
  • URL |
  • CLIMB #-
  • [ 編集 ]

CLIMBさんへ

こんばんは。

CLIMBさんの投稿を読んで、まさに私と同じ状況と感じましたので投稿いたしました。
私も50代 IT企業に長く勤めておりますが、12月からお客様対応、社内人間関係など急に大きなストレスがかかる出来事が重なり、2月上旬に気持ち、体調面で限界を感じ数日休みがちになり、病院で診断書をもらい、休職に入っております。

適用障害という事で、仕事から離れた事で体調面の不調はだいぶ軽減されましたが休職した事による自責の念、今後の事を考えると気持ち的には沈んでいる状態です。

実は今の職場で2度目の休職になり、今の職場が原因なので、転職も考えていますが、50代という事もありまともな職につけるのかも含め不安になっています。家族もいるため。。

いまはゆっくり静養しなければと思いますが、家にいても時間がたつのが長く感じ気分転換に、喫茶店に行き、本を読んだりパソコンしたりしています。

CLIMBさんはどのように過ごされていますか?

病気なのか甘えなのかという点では、私は適用障害も普通の病気と思っています。ただ、目に見えるケガや病気と違って、周りの方からはそのように見られない事も理解はしていますが。

お互い大変だと思いますが、この先の人生も長いので頑張っていきたいですね。

失礼しました。

  • 2018/02/15(木) 22:33:13 |
  • URL |
  • funa #-
  • [ 編集 ]

ブログ読みました

こんにちは。
私のブログも読んでいただいてありがとうございました。
コメント2回もいただいてうれしかったです。
まだブログの使い方に慣れていなくてどうやって返信したらよいのかわからなくてこちらにコメントさせていただきます。

CLIMBさんもお辛い状況ですね。
とても状況が似ているので、お気持ちお察しいたします。

私も初めは適応障害で診断書を出しましたが、次回はうつ病に変更になり提出予定です。
適応障害の概要とか見ていると、楽しいことはできるみたいに書かれているので辛いですよね。
適応障害とうつの境界線は、医師でも判断が難しいものですし、最近は簡単にうつ病と診断しない傾向にあるように感じます。

どちらの病気であっても、辛いことは事実なので、お互いゆっくり休むことに集中できると良いですね。

  • 2018/02/16(金) 10:50:54 |
  • URL |
  • メン子 #-
  • [ 編集 ]

funaさんへ

funaさん、こんにちわ!CLIMBです。
コメントありがとうございます。

funaさんの書き込みを読んでると、ホントまさに自分と同じ境遇というか同じタイミングで適応障害になられて、びっくりしております。
しかも歳も同年代のようで、仕事もIT関連ということで。共通点いっぱいありますね。

そうなんです。休職になったことで、休んでしまって周りに迷惑をかけているという自責の念は常に感じております。

でも今いろいろ適応障害&うつに関するブログを読んでいくと、あまり自分を責めない方がいいとも書いています。
休職して静養しているのに、自責の念をずっと感じていると、心が休まりませんので。

休職の過ごし方は、ブログでも追々更新していきますが、今は気持ちも安定してきたので、図書館やカフェに行って本を読んでいます。
その点はfunaさんと同じですね。

診察では1か月の休養ですが、復職に向けての産業医面談の予定などふまえると、最短で4月初めの復職を目標にしています。
ウチの会社は、復職は月初め(営業日月初日)が原則のため、まだ復職可能の診断書をもらえてないので、3月月初の復職は厳しいので、ゆっくり復職の準備を進めています。

休職中の過ごし方や復職の準備含めて、逐次このブログで更新していきますので、ご参考にしていただければと思います。

funaさんもあせらずにまずはゆっくり静養して下さいね。

  • 2018/02/16(金) 12:40:09 |
  • URL |
  • CLIMB #-
  • [ 編集 ]

メン子さんへ

メン子さん、こんにちわ!CLIMBです。
こちらでのコメントありがとうございます。

メン子さんのブログ、さかのぼって読んでおります。
ホント、メン子さんも辛い状況であることをお察しします。

自分も診察される前は、心の病=うつ、と思っていたので、「適応障害」というのは、診察してから知りました。
うつとはまた違うんですね。
まだメンタルヘルスについては、知識があまりなかったんですね。

今はストレスを離れたことにより、少し気持ちが楽になりました。
自分は「適応障害」の症状なのでしょうね。
でも今後の自分の心の持ち方にあまり自信がありません。
もしかしたら「うつ」に進行することもあるし。

まずはあまり仕事のこととかややこしいことは考えず、ゆっくり休む。
自分は読書や音楽聴くことが好きなので、それで心がリラックスできればと思っています。
休職の過ごし方は、逐次ブログで更新しますので、またのぞいていただけると幸いです。

  • 2018/02/16(金) 12:41:52 |
  • URL |
  • CLIMB #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する