仕事が手薄で

復職してから一か月、そろそろ本稼働かと思いきや、あまり多くの仕事はしていません。
設計書のチェックをしたり、簡単な設計書作成など。
そのため、就業時間中、けっこう時間を持て余している時があります。

適度に仕事量はあった方がいいですね。
それなりに仕事専念できて、時間がたつのも忘れるくらいに。
適度に忙しい方が自分には合っているかもしれません。

今日もけっこう暇で、メールチェックを何回もしたり、Yahooニュースやこのブログのカウント状況なんかも(笑)、見たりしています。

まあ、会社に行くことが仕事と思えばいいのでしょうが、やることないと何か手持ち無沙汰で、しかも時間が長く感じる。
かえって疲れたりします。

重要な責務業務はまだストレスかかるから無理だけど、そろそろ仕事増やしてもいいかな、と思ってしまいます。
まあ、まだ一か月で就業制限もありますから、まだ仕事量は増えないですかね。
自分から率先して、何か言わないといけないかな・・・。
スポンサーサイト

復職してから1か月

復職してから1か月たちました。

そんな昨日は会社の産業医面談でした。
調子はまあいいので、休むことなく今のところ会社に行けているので、6月から一部就業制限が解除になります。
残業が1日1.5時間以内までできるようになります。
出張や休日出勤はまだ変わらず禁止という状態で。

残業できる時間でもって、仕事量が徐々に増えていくかと思います。
ただ自分自身は、なるべく効率よく仕事をして、定時間内で帰れるようにしたいです。
今のところ、定時で帰っているのがいいリズムになっているので、1.5時間まで残業できるからといって、無理に残業はしないつもりです。

そして今日は心療内科の通院日。今日は院長先生ではなく別の先生でした。同じく女性医師でしたけどね。
引き続き同じ薬を処方されて、また二週間後に通院です。
そろそろ1か月に1回の通院にしたいんですけどね。診療費もかかるし。

それにしても昨日はなんかすごく疲れましたね。
週末ということもあって、夕飯はビールで晩酌。それでけっこう眠くなっちゃって。
居間でそのまま寝てしまって、深夜にやっと自分の部屋で寝たという感じです。

ただその疲れも心地よい疲れです。
精神的にストレスを抱えているわけでもないので、この状態での疲れであれば土日の休みで取り戻せます。
しばらくは今のようなリズムで仕事ができればよいな、と思っています。

メンタル不調がひどかったのは2001年・・・

今日は午後から雨になりましたね。
午前中に出かける用を済ませたので、午後はのんびりです。

さて、今年2月にメンタル不調で「適応障害」と診断されて、約2か月半休職になり、その後復職したわけですが、実は自分の人生の中では、2001年の秋が、メンタル不調が最もひどかったです。
今でもその時期は、トラウマに感じるほどです。

30代後半の頃でしょうか。2001年夏に職場異動があり、自分はそれまでやっていた仕事とは全く別の仕事内容の職場に異動になりました。
もうその時は、入って2週間ほどで違和感を感じました。
それにその時の職場で教育係りがいたのですが、ほとんど放置状態で、マニュアルを渡され「読んで理解して」と言われただけです。今にしてみれば状況はひどいものでした。

評価するための装置を組み上げねばならず、いろいろ自分から聞いたりしますが、そっけない答えが返ってきたり、マニュアルに書いてあるでしょ!と言われたり(ちなみにマニュアルは英文でした)、とにかく自分で開拓してやらなければならないのだな、とその時は自分なりに頑張ってきました。

当然ストレスもたまり、体に不調をきたし、特に胃が痛かったので、病院内科で診てもらって、胃カメラを飲まされたりして、またその時期は一週間会社休みました。

もう会社に行きたくないという気持ちが強くなり、こんな仕事よりもっと別の世界があるはずだ、と上司に会社を辞めることを告げたのでした。自分でも転職しようと思ったわけです。
ただ次にどうするか何も決めてなく、ちょっと体調悪いと会社休んだりして寝込んでいて、ホントその時が人生のどん底状態の時期でしたね。

退職は受理されて、2001年12月頃の退職で話を進めていたのですが、結局、冷静に考えて、会社を辞めることをやめました。撤回ですね。
上司からは「もう同じ職場にはいられないよ」と厳しく言われ「辞めないなら、この会社でやっていく覚悟を示してくれ」と部長含めた面談で、厳しい追及をされました。

精神的にきつかったことを言いましたが、その当時は、まだメンタルやうつとかそんなことに理解があまりなかったのでしょう。(というかその当時の上司が)

退職は白紙となり、自分は12月にまた違う部署に異動になりました。ただそこでは、けっこう親切に教えてくれた先輩がいましたので、そこで精神的に持ち直してきましたね。


今にしてみれば、それこそメンタルクリニックに行って診察した方がよかったのではないかと思うのですが、精神科に行くことにためらいがあり、また悩みを打ち明けた友人からも「うつとかって簡単に決めつけない方がいいよ。精神科に行くのは最後の手段だよ」と言われたこともあって、当時はハードルが高かったのです。
休職制度も当時からあったようですが、メンタルで休むこと自体があまり例がなかったので、そういうことで休むことも考えなかったです。

今、ウチの会社でも精神疾患で休職している人も何人かいて、けっこう半年とか1年とか会社に来ていない人もいるみたいです。
ただその中で傷病手当も出て、ホント、メンタル疾患についても理解を得られる会社になりました。

・・・なんか今日は昔話を書いてしまった感じですが、2001年秋の時期。やはりあの時の状態にはなりたくない。まだ今年の休職した時の方が精神状態は落ち着いていました。
あの時のトラウマをちょっと思い出した。それでこのブログに記してみました。

疲れた・・・

GW明け一週間が過ぎました。気が付けばあっという間です。
まあ、ただ、休職で2か月半休んだことや先週までのGWで休んだこともあって、フルタイム勤務が5日続くと、日に日に疲れてきました。
夜は10時に寝てしまうくらいです。
やっぱり休みグゼがあったのでしょうか。いつも昼寝していたから、いざフルタイムになると、午後異様に眠くなる。
GWを挟んで復職3週間、仕事が軌道に乗るも、まだちょっと勤務に対する免疫が足りないのかもしれない。

来週は産業医面談もあり、就業制限をどこまで解除するかいろいろ相談してきます。
残業の制限が取れても、自分としてはしばらくは定時間内で勤務をしてリズムを作っていきたいと思います。

まだちょっと疲れが残る週末です。

GW最終日

とうとう今日でGWが終わってしまいます。
なんかラジオでも同じようなこと言ってますね。
ネットで他のブログとかサイトを見ても、「GW終わってしまいますねえ~」とか「GW明け、五月病にならないために」とか。
なんかそういう記事読んじゃいますよね。

まあ自分だけじゃないんですね。GW終わって、倦怠感が出るのって。
きっと明日の電車の中は通勤乗客のため息でよどんでいるでしょう(笑)

自分としては、ここからが正念場だと思います。
まあ、去年も一昨年も同じような状況を味わってますからね。
仕事が始まったら、また時間が拍車のように通り過ぎ、お盆休みがすぐそこって状態になりますよね、きっと。
お正月だって、ついこの間だと思っていたんですからね。

まあ、無理せず自分のペースで頑張っていこうと思います。
プロフィール

CLIMB_AGAIN

Author:CLIMB_AGAIN
50代の会社員。
大卒からIT関連会社に入社し、ずっと勤務。
たまに仕事にストレスを感じることもあったが、それなりに長年勤務を全うしてきた。
ところが最近、部署異動になって2か月。なんか慣れない仕事に体に不調をきたしてしまった。
それは、「心の病」であることに気付かずに頑張った結果・・・
かなり重症になり、会社に行けなくなり、心療内科より「適応障害」と診断され、人生初めての「休職」を経験。

CLIMB_AGAIN~こんな自分が適応障害に~
CLIMB_AGAIN~こんな自分が適応障害に~
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR